レビューとコメント:1

  1. サマーマン、庭師、庭師(匿名)

    成熟した桜の木は、毎年摂餌を妨げません。
    10月に、私は王冠の周囲の周りの円形の溝に木に30-40 kgの堆肥を入れました。
    開いた葉の春に、私は尿素の溶液を散布します(40 g / 10 lの水)。
    実を結んだ後、8月に、木の幹に40 gの過リン酸塩と60 gのカリウム塩を与えます - これは植物が冬の準備を整え、寒さに耐えられるようになり、来年は素晴らしい収穫をありがとうございます。
    イリーナCHEREMKHOVSKAYA

    返信

フィードバック、コメントを残す