2レビュー

  1. イレーネ

    成熟した桜の木は、毎年摂餌を妨げません。
    10月に、私は王冠の周囲の周りの円形の溝に木に30-40 kgの堆肥を入れました。
    開いた葉の春に、私は尿素の溶液を散布します(40 g / 10 lの水)。
    実を結んだ後、8月に、木の幹に40 gの過リン酸塩と60 gのカリウム塩を与えます - これは植物が冬の準備を整え、寒さに耐えられるようになり、来年は素晴らしい収穫をありがとうございます。

    返信
  2. マリーナ

    昨年、私の5歳のサクランボはついに野生の色で咲きました。 しかし、何よりも多くの果物がもつれ始めたことに満足しています。 しかし6月に、彼女は突然葉の下側にいくつかの小さな虫を見つけました。

    私はすぐに木にボルドーの液体を吹きかけ、そしてすぐにこの生き物がすべて死んだが、さくらんぼの上の果物は決して形成されなかった - それは彼らが乾いて開発の初期に落ちたように思える。 親愛なる庭師、どうぞ私に説明してください:それは私が穀物なしで放置されたということです、害虫またはボルドーは非難する液体ですか?

    返信

レビューとヒント

メールは自分だけに表示されます。