1

レビューとコメント:1

  1. サマーマン、庭師、庭師(匿名)

    私は本当にいろいろな種類のキャベツを育てるのが好きでした。 すす北京、サボイ、赤、ブロッコリー、色。 4月下旬にカバー材の下に温室の苗木を植えました。 溝の間の溝の間にレンガを入れて、日中は熱くなり、夜は地球に熱を与えるようにします。 当時はまだ寒いので、キャベツはゆっくりと発芽しましたが、急いではいませんでした。 5月中旬には、気温が上がり、苗が開いて咲き始め、若芽も早く成長し始めました。

    各穴に一握りの石灰と灰を入れます。 絶対にすべての苗は慣れました! 配布物を全員に配布する。
    キャベツは、低濃度の芝生または鶏糞、ならびに(葉の上に)ヨウ素(またはブリリアントグリーン、またはアンモニア)の溶液:tspを注入して水をやりました。 これらの手段の1つ。

    返信

フィードバック、コメントを残す