3レビュー

  1. サマーマン、庭師、庭師(匿名)

    私たちの地域では、気候が暖かくなってきており、毎年南でしか育てなかったこれらの文化を毎年大胆に実験しています。 ここ数年、私は自分のサイトでスイカを楽しんでいます。 この好熱性作物の栽培における私の経験を喜んで共有します。
    スイカの栽培はそれほど難しくないことがわかりました。 成長期が80日を超えない良好な早熟品種を選択するだけで十分です。 ファイバー・レゼボック蜂蜜を選びました。 4月中旬に種子を1つずつカップにまきました。 天候は変わりやすいので、深さ10 cmの土壌が15度まで温まったときに、温室に苗木を植えることにしました。 スキーム50×80 cmに従って配置された苗。

    苗の出現から最初の果物の設定まで、約10日に1回、その後、縞模様の果実が熟すまで週に1回植物に水をやりました。 自然の受粉プロセスを混乱させないように、開花時に植栽を午後に散布しました。 3-4のクルミサイズのフルーツが形成されたのを見てすぐに、3-4-mリーフの上部をつまんでみました。 そして、彼は他のすべての卵巣を除去しました:植物はまだそれ以上食べられません。
    私は地面にシュートを残さなかったが、それらを縛った。 スイカが1,5-2 kg成長したときに、タマネギネットの信頼性のためにそれらを配置しました。 フルーツセットから収穫まで45-50日が経過しています。 スイカは3,5から5 kgに体重が増え、非常にジューシーでおいしかったです。 そして最も重要なこと-化学なし!
    ニコライ・ドミトリーヴィッチ・エルミコフ、ブライアンスク

    返信
  2. マリア・コリャダ、サマラ

    去年、スイカの白い葉にうどんこ病の兆候(白い花と液体のしずく)があることに気づいたとき、義母のアドバイスで、植物にモウズイカ注入(1:10)を大量に散布しました。 3日間の間隔をあけて、この手順をさらに3回繰り返しました。 植物は著しく復活し、病気は退きました。

    返信
  3. ドミトリー・ペトロヴィッチ・ハーシェスタキ、ブライアンク

    私は本当にスイカを食べるのが好きで、彼らの季節がすぐに過ぎたことを常に後悔しています。 しかし、いくつかの措置を講じた後、私は自分の経験から、これらの果物を新年まで保存することはかなり可能であると確信しました! スイカの保管に関するアドバイスをお伝えします。
    未熟なスイカをへこみやその他の損傷なしで取り、ぼろ布で拭き、サワークリームの濃度に水で希釈したアラバスターの層でコーティングします。 層の厚さ-0,5-1 cm。乾燥したら、次のものが必要です。

    同じ厚さの2番目の層を適用し、硬化した後-3番目。 その後、完全に乾燥させ、コーティングにひびがないことを確認します。 準備したスイカをひもで結ぶか、ネットに入れて
    涼しく乾燥したセラーまたは屋根裏部屋で計量します。 アラバスター「コート」のスイカは、4か月間新鮮なままです。

    返信

レビューとヒント

メールは自分だけに表示されます。