1

1コメント

  1. サマーマン、庭師、庭師(匿名)

    きゅうり好きの孔子F1は私の庭にしっかりと定着しました。

    自家受粉の早熟交配種は、春の温室と露地の両方に理想的です。 苗が出てから一ヶ月半で収穫を始めました。 きゅうりは38 cmの長さに成長します。 しかし、それらはほとんどすべての病気に耐性があります。 サラダに最適です。

    Goalpri F1は、開園地と温室の両方でよく成長する、中間期のメロンハイブリッドです。 茂みは中登りで、強力で、それぞれ2〜3個の果物を残します。 苗の出現から75〜80日後に私が収集し始める最初の熟した果物。 メロンは大きく成長し(重量は最大3 kg)、楕円形、オレンジ色、表面全体に細かいメッシュがあります。 果肉は緑がかった白、ジューシー、甘くて芳香があります。

    すべてのカボチャは、特にメロン、スイカ、きゅうりの「食べる」のが大好きです。 さまざまな給餌オプションを試しましたが、これが最適です。10リットルの水で20gの硝酸アンモニウム、15gの硫化カリウム、40gの水溶性過リン酸塩を希釈します。 豊富な水やりの後、各植物の下に1リットルの肥料を注ぎます。 季節ごとにXNUMX回「給餌」:

    -最初-2-3枚の実際のシートの形成の段階で;
    -秒-庭で下船してから10日後。
    -第三-最初の芽の形成中。
    -第四-開花および結実中。

    返信

レビューとヒント

メールは自分だけに表示されます。