2レビュー

  1. Oleg KITSENKO、経験豊富な花屋、p。 ロストフ州コシキノ

    牡丹は神々や多くの庭師のお気に入りです。 ハンサムな男性は、庭や部分的な日陰の明るい場所を好みます。

    彼らは日陰で育つことができますが、開花はまばらで、毎年ではありません。 私の牡丹はほとんど病気になりません。 時々彼らの葉は明るくなりますが、鉄キレートまたはフェリレンの溶液は(指示に従って)病気に対処するのに役立ちます。 花序の「キャップ」を素晴らしいものにするために、XNUMX月の終わりに、私は植栽にカリウムリン肥料を与えます。 夏の暑さでは、茂みに水をやる必要があります。開花後、植物は翌年の更新の芽を作るので、土の昏睡が乾くことを防ぎます。

    返信
  2. ナタリア

    牡丹には発酵したパンがよく(500月から600月に)与えられます(2日3〜4 gのクラッカーを暖かいバケツに浸します)。 ブッシュの下にXNUMXリットル半を注ぎます。 上から、泥炭、土でマルチングすることが望ましいです。 同時に、真菌性疾患に対して、「グリオクラジン」のXNUMX〜XNUMX錠を体幹円の体幹円にXNUMX cmの深さで滴下する必要があります。

    返信

レビューとヒント

メールは自分だけに表示されます。