10レビュー

  1. ソフィア

    カモミールアラスカ

    小さな花から大きな花が咲くものまで、さまざまな種類のデイジーを育てています。 アラスカより美しいものは見たことがありません。 花序は直径12〜15センチメートルに達し、私は通りすがりの女性の花束で初めてこの花を見て、とても魅了されたので、見知らぬ人に追いつき、奇跡の花について尋ねました。

    その後、すぐにアラスカの種を数袋購入しました。 しかし、どうやら、種を深くまきすぎて、十分な水を与えなかったので、発芽しませんでした。 6年後、もう一度挑戦してみました。 何度も土を湿らせていると、ようやく小さな芽がXNUMX個出てきました。 植えるとすぐに成長し、翌年には花が咲きました。 そしてここ数年、彼らは霜が降りるまでその素晴らしさに喜びを感じています。

    カモミールは霜に強く、冬の間は避難所を必要としません。 一年中緑に変わりますが、雪が積もっていても、生き生きと美しいままです。

    お手入れが簡単
    日当たりの良い場所の肥沃な土壌に種をまきます。 秋から、掘るために腐った肥料を少し加えて、サイトを準備してきました。
    装飾性を維持し、開花を長くするために、定期的に雑草を取り除き、土をほぐし、必要に応じて水を与えます。 年にXNUMX回、春と秋に、有機物と複雑なミネラル肥料を与えます(説明書に従って)。 不必要な自家播種を避けるために、ドライフラワーを適時にトリミングします。 私のヒナギクの新芽は真っ直ぐで弾力性があり、葉はジューシーで光沢があり、花序のバスケットは大きいです。
    茂みはすぐに成長するので、定期的に(春先または秋に)分割して若返らせます。 挿し木を互いに30 cmの距離の新しい場所に植え、水を与えます。

    返信
  2. ニーナ・グレンコ、ヴォロネジ地方

    長年にわたり、私の敷地内では、アラスカという 10 種類のカモミールだけが栽培されてきました。 この品種は直径約70cmの花序を持ち、開花期には地面から80〜XNUMXcmの高さまで上昇し、花は非常に典型的で、真っ白な細長い花びらと凸状の黄色の中心を持ちます。 私は、あらゆる気象災害に対するこの植物の驚異的な耐性を高く評価し、他の観賞植物もヤグルマギクから忍耐力と気取らないところを「学ぶ」のに適していると信じていました。 時々、花がとても単純に見えたことを残念に思うこともありました。

    友人の庭でテリーバスケットが付いたヤグルマギクを見たとき、私はとても驚きました。 最初は大輪のアスターと間違えました。 今、この品種のガーデンカモミール白雪姫が私の花畑で育っています。 季節ごとに、白い花びらとほとんど目立たない黄色の中心を持つ巨大なふわふわのバスケットを喜ばせます。
    白雪姫を発見した後、メイフィールドと呼ばれる別の珍しい品種のカモミールを見つけました。 アラスカと白雪姫の交配種です。 メイフィールドは、花びらが10列(アラスカのように)ではなく12列に配置された大きな(直径XNUMX〜XNUMX cm)花序を形成します。
    クレイジーデイジー品種の二重花序も同様に魅力的で、白雪姫とは異なり、黄金色の中心を隠すことはありませんが、多数の細い(2〜3 mm)花びらで豊かに縁取られています。
    昨シーズン、私は新しい品種、シルバースプーンを播種しました。 この品種の花柄は非常に高い(120〜130 cm)ことが判明し、花びらは珍しい形をしています - まさにミニチュアのコーヒースプーンのようなものです。
    庭のカモミールのすべての品種は、夏の暑さと冬の霜の両方に等しく耐え、自家播種によって簡単に繁殖します。

    返信
  3. アラ・ゴロホワ

    岩だらけの花壇用のヒナギクはありますか? 購入した種から育てることはできますか?

    返信
    • OOO "悲しい"

      —私は、石の背景によく似合う、球形の茂みの形をしたニバリアの低成長品種(最大35 cm)が好きです。 私は日当たりの良い場所で、肥沃であまり重くなく湿った土壌にヒナギクを植えます。 私は自分の種子を使ってより頻繁に繁殖します。 暖かい夏には熟します。 購入したうちの半分以下しか発芽しませんでした。 春(50月から3月)に種をまき、数対の本葉が形成されたら、苗を互いに4 cmの距離に植えます。 XNUMX年目に開花しますが、暖かい夏には種を蒔いた年に開花することもあります。 新品種、特にダブルフォームはロゼット挿し木から栽培されます。 XNUMX〜XNUMX年ごとに春または初秋に分割されます。
      そうしないと、花が小さくなり、茂みが途中で枯れてしまいます。 冬の間、私は茂みをロゼットにトリミングします。 植物にはかぶせません。 春には、開花後、窒素を含まないカリウムとリン肥料でニトロホスカを与えます。 茂みの周りに灰をまきます。 品種のデイジーは、切ると長持ちしません。 おばあちゃんの秘密がある。 ハサミを使って茎の端を切り落とし、(火傷を防ぐため)布で全体を包み、沸騰したお湯の中に0,5 cm下げて20まで数えます。その後、布をすばやく広げて下げます。花束を花序まで冷水の入ったバケツに入れ、しばらく放置します。 ヒナギクの中空の茎には「パラフィン」が含まれています。 温度差により花は密閉され、暑さの中でも花は長時間「頭」を下げません。
      ナタリア・ダニロワ

      返信
  4. サマーマン、庭師、庭師(匿名)

    子供の頃から誰もが知っている、かわいくて優しいデイジーを前庭で育てるのはまったく難しいことではありません。 必要なのは、秋や春の水が浸水しない、日当たりの良い場所だけです。 ヤグルマギクを牧草地から植え直すことも、大きな花序、特別な装飾特性、および長持ちする開花によって区別される品種の植物の種子を購入することもできます。 種子から育てる場合は、冬の前にカモミールを播種することをお勧めしますが、すぐに恒久的な場所ではなく、学校(一時的な温室)に播種します。 春には苗木を少し間引く必要があり、20月には成長した植物を恒久的な場所に移植し、将来の茂みの成長のために苗の間に30〜XNUMX cmの距離を確保する必要があります。
    将来的には、開花が豊富なままで病気の発生が起こらないように、肥厚した塊を定期的に分割する必要があります。

    返信
  5. サマーマン、庭師、庭師(匿名)

    控えめだけどとっても可愛い女の子らしいデイジーの花がとても好きです。 直径30〜40 cmの小さな房で成長し、花は通常のカモミールに似ていますが、はるかに小さいだけです。
    初めて庭に植えようと思ったとき、春に温室に種をまきました。 そして苗が成長すると、庭に移植しました。 カモミールはよく根付き、すぐに成長し始め、特別な注意を必要としませんでした(水をやっただけです)。 XNUMX月には、各植物から開花カーテンが形成されました。 彼らはとても美しく見えました。
    開花後、カモミールが自家播種によって広がらないようにカットすることをお勧めします。 でも、私は切らずに、春に余分な苗を取り除きます。
    タマラ・ガリフィヤノヴァ、カザン

    返信
  6. エフゲニア・ザボロトナヤ、リャザン

    穴のあるヒナギク
    とても美しい庭のデイジーが育っています。 しかし、葉に小さな黒い斑点が現れていることに気づきました。 その後、それらは乾燥し始め、斑点の代わりに穴が形成されました。 これは何かの病気でしょうか?

    返信
    • OOO "悲しい"

      おそらく、それは錆か灰色の腐敗のいずれかです。 このような病気と戦う最も効果的な方法は、庭のカモミールの植え付けを殺菌剤で処理することです。 治療は2〜3日の間隔で7〜10回行われます。 病気の植物はすぐに切り取って燃やさなければなりません。

      返信
  7. レジーナ・ステパノヴナ

    ガーデンカモミールまたはポポフカとも呼ばれるヤグルマギクをサイトに植えた場合は、放置しないでください。そうしないと、植物が茎が絡み合ったずさんで、時には形のない茂みになってしまいます。
    これはすべてポポフカの急速な成長によって起こるため、2〜3年ごとに分割する必要があります。 XNUMX年後、茂みは非常に強力になるため、植えるのが非常に困難になります。
    株分けの時期は秋か春の前半です。 開花後、植物を掘り起こし、根茎を細かく切り、各セクションに1〜3個のロゼットができるようにします。 それらは準備された場所にすぐに植えられ、植物間の間隔は少なくとも30 cmで、わずかに深くなります。

    返信
  8. Valentina GROMOVA、Vladimirskaya obl。

    黄色いボタンの芯と白い花びらは、お子様でも簡単に描けます! しかし、どういうわけか、このシンプルさが心に響き、ヒナギクの草原を見ると笑顔になりたくなるのです。
    庭のヒナギク、またはより正確にはニバリアは、野生のヒナギクよりも大きくて背が高くなります。 伝統的な白だけでなく、ピンク、黄色、ライラックの花びらを持つ品種もあります。 開花は5月から7月中旬までのXNUMXか月間続きます。 それらはXNUMX〜XNUMX年間同じ場所で成長し、その後茂みが厚くなり、花序のバスケットが小さくなります。
    カモミールには日当たりの良い場所を選ぶ方が良いです。 土壌に要求はありませんが、水のよどみのない中性の土壌を好みます。 水をやり、時折施肥し、害虫を駆除するために灰を注入する噴霧だけが必要です。 冬が厳しい場合は、葉で植物をマルチングする必要があります。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません