9レビュー

  1. ナタリア・ドルジニナ、ウリヤノフスク

    観葉植物にボルドー液とブルービトリオールを使用する方法を教えてください。

    返信
    • OOO "悲しい"

      硫酸銅やボルドー液(硫酸銅を石灰乳に溶かした溶液)などの銅含有殺菌剤は、農業、園芸、庭園で広く使用されています。 それらの利点は、入手しやすさ、低コスト、広範囲の病原体に対して効果があることです。 家庭用の花にこれらの準備を使用することは完全に適切ではなく、これにはいくつかの理由があります。

      1. 効率が低い。
      通常、生産者は病気がすでに顕著になったときに警報を鳴らし始めます。 銅含有製剤(接触殺菌剤)は植物に浸透しないため、内部の病原体を死滅させることはできません。 それらは植物の保護、予防に効果的であり、治療には効果がありません。 家庭では、病気、つまり脂っこい斑点を防ぐために、多数の柑橘類を栽培するときによく使用されます。
      屋内植物の真菌性疾患は主に劣悪な環境によって引き起こされます。うどんこ病は暑さ、乾燥、光不足で発生します。 灰色の腐敗 - 冷たくて湿った停滞した空気。 全身性の広域殺菌剤(Skor、Topaz、Topsin-M、Previkur、Profit Gold)が治療に適しています。
      2. 不便。
      製剤のパッケージは、大量の処理向けに設計されています。 家庭ではどのように対処していますか? まず、添付の指示に厳密に従う必要があります(インターネットのフォーラムや他の人の言葉からではありません)。 既製の溶液は保管の対象ではなく、濃度を厳密に遵守する必要があります。 ボルドー液の調製は非常に手間がかかり、結果は中性の溶液になるはずで、その量は約10リットルになります。 硫酸銅の含有量が必要以上に多い(pHが酸性)場合、処理後に葉に火傷が現れることがあります。 石灰(pHがアルカリ性)を過剰に摂取すると、保護効果が低下します。 硫酸銅の濃縮溶液と石灰ミルクを混合したり、水で希釈したり、石灰ミルクを硫酸銅の溶液に注ぎ込んだりしないでください。
      3. 有毒。
      銅製剤は人間や温血動物にとって有毒であり、特に活発な成長段階では植物毒性があります。 銅化合物には殺菌効果があり、鉢内の少量の土壌微生物叢の阻害につながる可能性があります。 硫酸銅は攻撃性が高く、葉焼けを起こす可能性があります。

      返信
  2. アナトリー・クラピフコ、サラトフ

    私の庭は春先にのみボルドー液で処理されます。 隣人、私の観察によると、少なくとも10回。 もちろん彼のほうが収穫量は多いですが、私の果物は環境に優しいものです。 そして、それでも庭で最低限必要な処理は何ですか?

    返信
    • OOO "悲しい"

      ポーランドなどの西ヨーロッパの庭園では、生育期に高品質の作物を得るために、農家は少なくとも 15 ~ 20 回の殺虫剤処理を実行します。 あなたの園芸地域では、アマチュアが次の保護システムを遵守するだけで十分です。春先に、果樹にボルドー液の3%溶液をスプレーし、開花前に、地域で許可されている殺虫剤と殺菌剤の混合タンクを準備します。説明書へ - 花のカブトムシや真菌性疾患から。 夏の間、かさぶたや斑点を防ぐために、この処理を2〜3回繰り返します(雨の後)。

      別の準備 - 同じ治療法を連続して 30 回使用しないでください。 作物が成熟する5日前までに散布を終了してください。 シーズンの終わりに、落葉後、7〜500%の尿素溶液(水700リットルあたり10〜XNUMX g)で木と木の幹の根抜き処理を実行します。

      返信
  3. ニコライ・マンドリック

    以前は、真菌性疾患からの庭の春の治療中に、ボルドー液が使用されていました。 しかし、使用前に混合物を濾過したにもかかわらず、彼女はしばしば噴霧器のノズルを詰まらせました。

    今は効率の点でボルドーに劣らないブルゴーニュ液に切り替えました。 すべての構成成分はよく溶解します (実質的に沈殿物がありません)。これは、噴霧器を詰まらせることがないことを意味します。 もう1つの利点は、ブルゴーニュは加工中に葉や果物の汚染が少ないことです。 ブルゴーニュ液の100%溶液を調製するには、10 gのソーダ灰と硫酸銅を使用します。 事前に2リットルのガラス容器を100つ用意します(プラスチックは使用できますが、金属は使用できません)。 それらの5つでは、硫酸銅(XNUMX g)をXNUMXリットルの温水で希釈し、次に冷水で体積をXNUMXリットルにします。 同様に、ソーダ灰を別の容器で薄めます。 細い流れで、硫酸銅の溶液をソーダの溶液に注ぎます(逆はありません)。

    同じスキームに従って、3%溶液を準備します(硫酸銅とソーダ灰を300g取ります)。 私は朝または夕方に新しく調製した溶液でのみ庭を処理します。

    返信
    • OOO "悲しい"

      効率の点では、ボルドー液とブルゴーニュ液は互いに劣っていません。 どちらの場合も、有効成分は硫酸銅です。 ボルドー液の利点は、園芸店で既製品を購入でき、説明書に従って、
      自分で料理をする。 ブルゴーニュミックスの場合は、別途材料を購入する必要があります。 費用も高くなりますし、準備自体にも時間と特別な注意(注意)が必要になります。
      バレリーMATVEEV、医学博士

      返信
  4. アレナ・サモサドワ

    私は、10 年以上レシピを使用している経験豊富な庭師からレシピを引き継ぎました。 それらは病気の時ではなく、それを警告するために使用されるべきです。 14~XNUMX日ごとに治療を繰り返してください。 (開花中の植物には、花にスプレーしないでください。)
    何らかの腐敗が発生すると、植物にはカリウムが不足します。 最初のレシピでは、これは灰(またはカリ肥料)です。
    レシピ1 - ガラスの木灰に1リットルの熱湯(ただし沸騰したお湯ではない)を注ぎ、冷まします。 薬局で購入したホウ酸の袋を視覚的に 9 つの部分 (つまり XNUMX 倍) に分割し、XNUMX リットルに希釈します。
    水の一部。 そこに、濾過した灰の注入からの水と大さじXNUMX杯の医薬品ヨウ素も加えます。 私はこの混合物を庭の植物にスプレーします。 園芸作物(木、低木、イチゴ、ラズベリー)では、葉が出たらすぐに始めます。
    レシピ2 苗を地面に植え、2〜4枚の葉を育てた後、この溶液をスプレーします:バケツの水の場合、1リットルのホエーと10滴のヨウ素。 XNUMX週間ごとにスプレーしてます。
    レシピ 3. フィトフトラは常に地面にいます。 したがって、植える前にフィトスポリンで水をまきます。 そしてトマトが大きくなったらすぐに
    20cm、トマトの下に裸地がないように地面をマルチングします。 穀物の草原の草、そして庭では通常のウィートグラス(実際にはこれは干し草です)を使用するのが良いです。 踊り場がきれいに見えます。 でも、私はキヌア、よもぎ、さらにはフェンス沿いにたくさんあるクサノオウも使います。 ちなみによもぎは根元から抜くのではなく鎌で切り落とします。 また生長して、再びマルチとして使用できます。 温室に入ると、病院や薬局の匂いを彷彿とさせる強いよもぎの匂いが漂います。 よもぎが放出するフィトンチッドが温室内の感染症を殺すのだと思います。 私のアドバイスが誰かの役に立てば幸いです。

    返信
  5. ボロヴィコフ

    多くの場合、まるで目で見たかのようにすべてを確認する、ボルドー液を準備するまったく不可能な方法に遭遇します。
    しかし、それには科学に基づいた典型的なレシピがあります。 ボルドー液10リットルを作るには、硫酸銅100gを熱湯5リットルに溶かし、生石灰100~120gを水5リットルに溶かします(消火します)。 両方の溶液が冷えた後、最初の溶液を絶えず撹拌しながら「石灰乳」にゆっくりと注ぎます。 1%のボルドー液が判明しました。 3% 溶液が必要な場合、同じ 3 リットルの水に対して成分の数が 10 倍に増加します。 したがって、読者の一人が、3kgのビトリオールと石灰を1リットルの水に溶かして20%の溶液をどのようにして得るのか、まったく理解できません。 彼女の中の混合物の全量は容量30リットルの容器に入れられており、そこから彼女が各成分を10リットルの水に溶解したことは明らかです。 同時に、彼女は 5% の解決策しか得ることができません。 このような集中力を発揮することは、地球上のすべての生き物を殺すことと同じです。
    そしてさらに。 グーズベリーのうどんこ病と戦うために硫酸銅を使用することはまったく無意味です。 この病気はソーダ灰の溶液(水50リットルあたり10 g)でのみ克服できますが、これも太古の昔から誰もが知っています。

    返信
  6. サマーマン、庭師、庭師(匿名)

    予防目的で花植物を真菌性疾患から保護するために、私はボルドー混合物の1%溶液またはオキシ塩化銅の0,5%溶液を週にXNUMX回スプレーします。
    リリア・レイタロフスカヤ

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません