2レビュー

  1. エカテリーナ・ブリャンスク州

    いつクラムを掘るのですか?

    植物の地上部が黄色くなる様子に注目してみます。 黄色くなって枯れた場合は、適切な乾燥した日を選んで作業を始めることができます。 安定した寒さが始まる前に植物を土壌から取り除くことが非常に重要です。
    在庫から何が必要ですか? シャベル、フィルムまたは防水シート、剪定ばさみ、植栽材料用の小さな箱、またはその他の容器。
    技術はシンプルです。塊茎や球根に触れないようにしながら、シャベルで各植物を掘り、地面を静かに振り落とす必要があります。 そしてここでは、若い芽を失わないように、フィルムの上でこれを行うのが最善です。

    塊茎の皮をむかないでください。 球根を掘り出すときは、誤って胚芽を傷つけないように注意してください。 これを行うには、庭のシャベルまたは平らな刃を持つ銃剣シャベルを使用します。 球根を傷つけないように地面を深く掘ります。
    収集、材料化、分類し、損傷した標本をすべて除去します。 風通しの良い日陰の場所を選び、球根を1〜2週間乾燥させます。 乾燥中および乾燥後に塊茎を検査する必要があります。アザミウマが現れることがあり、球根を殺虫剤で処理する必要があります。
    秋に開花する球根状、球根状および塊状の花(ユリ、ダリア、グラジオラス)は、+ 17〜+ 20度の温度で地下室または特別な保管場所に保管されます。

    冬の間は、少なくとも月に一度はすべての在庫をチェックしてください。
    彼らにとっては湿度も重要です。 水分が多すぎると腐敗やカビが発生し、水分が不足すると球根が乾燥してしまいます。 腐敗、斑点、カビなどの真菌性疾患の兆候を見つけた場合は、患部を洗浄し、鮮やかな緑色またはコロイド状硫黄で処理する必要があります。 深刻な影響を受けた塊茎や球根は、感染源にならないようにすぐに取り除きます。

    返信
  2. Tamara MIKHAILOVA、Lipetsk

    XNUMX月上旬に、春の球根(チューリップ、ヒヤシンス、水仙)が掘り出されます。 掘り取りは、葉が黄変して倒伏した後に行われます。
    チューリップとヒヤシンスの球根は毎年、水仙は1〜3年に4回掘り起こされる必要があります。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません