1

1コメント

  1. バレンティーナ・ヴァシリエフナ

    「肉」トマト
    トマトは温室でしか植えていませんでした。 私は危険な農業地域に住んでいるので、豊かな収穫はありませんでした。 今、私は路上と温室の両方でトマトを育てています。 それらは大きくてジューシーで、私の祖母がよく言ったように、「肉質」です。 最大のトマトは1 kgあたり320 gを収穫し、残りはそれぞれ600〜800 gの茂みで成長しました。長年にわたってテストされた古い品種は、キューバとブデノフカです。また、私はデバラオの黒、黄、赤に恋しました。 そしてまた-黄色、オレンジ、赤チェリー。 自宅で問題なく苗を育てています。 現場から持ち込んだ土壌に乾いた種をまきます(まず灰を加えます)。 20月の休暇中は温室に、XNUMX月XNUMX日以降は路上に植えられます。
    温室内で、各茂みの下に、植え付けのとき、私は蓋がなく、蓋がない2リットルのペットボトルを掘る(首を上にし、逆さにする)。 私は一週間に一度より多くの水を、厳密にはボトルに入れません。 定期的に私はブッシュに血清をスプレーします。
    温室にそれ以上の湿気はありません。 トマトは9月末まで緑色で、最後の収穫は8月に26で集められ、1ヶ月後には温室で収穫されます。 私はトマト、夕暮れの家が気に入らない。 ブッシュから直接熟したものだけを集めます。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません