1コメント

  1. Zulfiya

    XNUMX月上旬から中旬にかけて、空いた苗床にニゲラオニオンの種をまきます。
    1〜2歳の種子をガーゼで包んだ後、室温の水に8時間以内浸します。 水はけのよい畝に深さ1~1.5cm(畝間は20cm程度)にかなり厚く蒔きます。 土と泥炭の薄い層を振りかけ、水を与えました。
    私は通常、自家製の種を植えて使用します。 店頭で購入できる品種の中で、私はベッソノフスキー、ロストフスキー、またはヤンタルヌイの品種の種子を好みます。 最初のXNUMX週間、苗木がまだ非常に柔らかくて弱いとき、暑い日には、ペグでベッドの上に薄いアグロパンを伸ばします。 私は細いノズルが付いたジョウロでのみ植栽に水をやります。 土を乾燥させないようにしています。 必ず草取りをして条間をほぐしていきます。
    必要に応じて苗を間引きます。
    安定した霜が降り始めたら、乾いた葉を列の間に散らし、その上に小さな小枝や薄いアグロスパンを置きます。

    春先に、カバーを取り外して、灰(1平方メートルあたり大さじXNUMX)で水をやる前に、窒素が優勢な一般的なミネラル肥料(指示に従って)を苗に与えます。 すでにXNUMX月末にはネギが収穫できます。 XNUMX月末からXNUMX月初めまでに、庭のベッドから完全に取り外し、この場所に主要な作物の苗を植えます。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません