1

1コメント

  1. エレナISAEVA、農学者

    偽露-スイカへの脅威
    最も危険なスイカの病気の1,5つは、peronosporosis(べと病)です。 葉や葉柄、時には果物に白または灰色がかった粉末状のコーティングとして現れます。 その後、その上に暗い点が形成されます。 時間が経つにつれて、感染した植物の葉は茶色になり、乾燥します。 歯垢の最初の兆候が見られたら、庭のすべての植物に過マンガン酸カリウムの溶液(水10リットルあたりXNUMX g)をたっぷりとスプレーします。 影響を受けた葉を取り除き、燃やします。
    10〜14日に3回、指示に従って希釈した殺菌剤をスイカにスプレーします(AmistarExtra)。 収穫の4〜XNUMX週間前に処理を停止します。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません