1コメント

  1. E. Lifar Primorsky Krai

    いちごのベッドは-1,5mと狭いです。最初は列を作りました。 しかし、どういうわけか私はそれを軌道に乗せました、そして私のイチゴは「緩みました」。 その結果、頑丈なカーペットでした。正直なところ、私は怠惰すぎてカーペットに列を打ち直したり、別のベッドの茂みに植えたりすることができませんでした。

    私は、屋根ふきフェルト、古いリノリウム、防水シートから普通の筆記用紙の幅のストリップを切り取り、冬の前にそれらで庭のベッドを「引きずり」ました。 それから草で覆われました。 私は春に縞模様を取り除きませんでした。 それらの間の夏には、収穫は良好で、ベリーは腐りませんでした。肥厚したように、すみません、植え付けを怠りました。
    次の夏、口ひげの形成時に、私は縞模様を外し、空いた場所に口ひげを根付かせ、新しい列を形成しました。 秋になると植物は強くなり、冬は再び屋根のフェルトと草で覆いました。 春に、彼は避難所を取り除き、昨年の実を結ぶ列の上にストリップを引っ張った。 今度は彼らが死ぬ番であり、「演技」列の根に食物を与えます。 定期的にストリップを動かすことで、部分的に仕事から解放されます。 当然、摂食などの予防策も忘れません。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません