1

1コメント

  1. エレナ・ピサレンコ、サラトフ地方

    ペッパートマトを育てるのが好きです。 私は甘い赤の方が好きです。
    私はこれらのトマトが大好きです。なぜなら、肉厚のトマトがフィトフトーラで劣化し始める秋でも、コショウの形をしたトマトが勢いよく残るからです。 確かに、それらはサラダほどジューシーではありませんが、ブランクで完全に形状を保持し、非常に魅力的に見えます。
    ペッパートマトのお手入れは、他のすべての品種と同じです。 ベッドに堆肥と腐った肥料を加えて肥沃な土壌に植えることが重要です。 トマトの生育が悪い場合は、指示に従って窒素肥料を与えます。 緑が多すぎて果物が少ない場合は、私が持ってきます
    リン酸肥料。 私は通常、XNUMX本の茎で茂みを形成します。 残りの継子は、惜しげもなく断ち切りました。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません