2レビュー

  1. オルガ・トヴァルドフスカヤ、トムスク

    気にする人はいませんが、私は庭で珍しい実験をするのが大好きです。 去年、私はアトランティックジャイアントカボチャを植えました。 彼女は35kgまで成長しました。 そのような好奇心をどこに置けばよいのか教えてもらえますか? ジュースやマシュマロ、フルーツの砂糖漬けは、平日も休日も我が家では大活躍! そして今シーズン、私は同じ種からカボチャの苗を堆肥の山に植えました。 素晴らしい結果を期待していました。 しかし、次のラウンドではとても動揺しました。 カボチャはひどくはまってしまい、どの方向からでも近づくことができません。 下に板を敷こうと思ったのですが手遅れでした。

    カボチャはすぐに色が変わり、すでに熟したかのように明るくなりました。 それでも、その下に潜ってみると、茎の根元が腐っていました。 私がダメージを与えたか、それとも雨が頑張ったかのどちらかです。 私たちはモンスターを山から取り除く必要がありました。 結果は昨年の15kgに対して-35kg。
    私の購読者たちは「ああ」と歓声を上げ、タチアナ・プロコシナ=サフォノナは今後について次のようにアドバイスした。 私もそうなりましたが、なんとか腐敗を止めることができました。 カボチャは元気に育ちました。」 来シーズンも必要に応じてアドバイスを活用させていただきます。

    返信
  2. ヴェラ・ニコラエワ、ヴォルシスク、マリ・エル

    秋、近所の人がかぼちゃが入った手押し車をくれました。 それらのほとんどすべてが私にとって珍しい形でした-魚雷メロンのように、濃い緑色だけでした。 私たちのダーチャがある村では、牛や子豚の餌として、ほぼすべての庭でこのようなカボチャが栽培されています。 彼らの皮はプラスチックのように非常に硬く、ナイフで切るのは難しいです。 味は悪くなく、甘みがあり、明るいカボチャの香りがなく、スープ、オムレツ、パンケーキにちょうどいい.

    しかし、何よりも私はそれらの保存品質に感銘を受けました。厚い皮-非常に優れた保護です。 最初は、劣化し始めた普通のかぼちゃを選んで食べました。 古い未知の種類の、素朴なものだけが残っていました。 XNUMX月が来ました、そして彼らは少なくともヘナです! 果肉だけがほぐれ、甘みが少なくなりました。 そこで、冬の終わりや春にかぼちゃをなくさないように、必ず育てることにしました。 それまでの間、春の初めには、さらに XNUMX つ追加されています。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません