1コメント

  1. タチアナ・サボスチャノワ、農学者

    種からイチゴを育てるのは難しく、時間がかかります。栄養法を使用することをお勧めします。しかし、植栽材料の健康状態を改善したり、珍しい品種をテストしたりすることを計画している場合は、1つの実験を試してみることをお勧めします。
    種子はできるだけ新鮮なものを購入してください。高湿原泥炭をベースにした土壌を準備し、それにベーキングパウダー(バーミキュライト、パーライト)を加えます。土をかぶせずに、土を圧縮して表面に種をまきます。雪を5cmくらい積んで固めます。
    冷蔵庫に2〜3週間置き、種子に冬の雰囲気を作ります。 2〜3週間後、作物の入った容器を取り出し、光の当たる場所(またはランプの下)に置きます。種子が発芽するまでに最大XNUMXか月かかる場合があります。この段階では肥料を与えないことが非常に重要です。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません