1

1コメント

  1. パベル・トランヌア、農学者

    夏には緑肥を蒔く人も多いでしょう。晩秋に埋めたほうがいいのでしょうか、それとも春まで放置したほうがいいのでしょうか?違いがあります!晩秋には、土壌は眠り、力を得るはずです。土壌コロイドは、アシ、カエル、昆虫、根毛、菌糸体(土壌菌の菌糸体)、微生物、虫の代わりに、ここだけで生命が息づくミニチュアの沼に似ています。ちょうど沼地と同じように、ここにはたくさんの有機物があり、あふれ、次々と流れ込んでいます。そして秋には、私たちの植物にアクセスできるようにするために、次の季節に備える必要があります。

    そして突然、夏の住人によって植えられた緑肥の形で「ポンプ」によってすべての最高のものは汲み出されます!そうですね、それも可能です。総バイオマスが増加するのは、雪が降る前に地面に掘り戻す必要がある場合のみです。そうしないと、土壌から取り出された窒素の大部分が春に葉の分解中に消えてしまいます。そうしないと、腐植がコロイドの一部となり、コロイドが濃縮されてしまいます。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません