1

1コメント

  1. Zukhra Gzynutdinova、モスクワ地方チェーホフ地区。

    私はトマトのファンです。毎年、私は120〜130の茂みを栽培し、コレクターから種子を購入します。もちろん、かなり大きな農園の世話は年々難しくなりますが、新しい品種を学びたいという欲求が私のすべての正気を上回ります。

    現代の品種は非常に多様です。味についてはもう黙っていますが、どれも美味しいです。しかし、なんと美しいのでしょう!温室に入ると、茂みに二色、縞模様、アントシアニン、明るいオレンジ、ピンク、深紅色がぶら下がっています...何時間でも鑑賞できます。
    以前は店でトマトの種を買って植えて育てていましたが、夏になると子供たちは私のトマトを食べずに、「おいしいトマトを買いに」と市場に行きました。私のものは主に紡績に使用されました。そして私は思いました。私はコレクターから種子を探すようになり、もう何年も彼らからのみ購入しています。そして子供たちはトマトを買いに市場に行くのをやめて、私のトマトを食べ始めました。
    新しい品種がたくさんあるにもかかわらず、私は毎年トマト畑の10パーセントを保存したいトマトのために取っておきます。私のこのリストには、マザリン、ユスポフスキー、ジュビリー・タラセンコ、プザタ・ハタ、ワン・ハンドレッド・プーズ、ピンク・エレファント、その他数名が含まれています。
    おそらく、マザランとユスポフスキーの2つを除いて、すべての品種が庭師によく知られています。それらは珍しく、購入するのがさらに難しく、かつてウズベキスタンから私のところにもたらされました。マザランは大きく、トマトの風味がとても豊かですが、フルーティーではありません。もちろん、味は夏の太陽の量に大きく左右されます。ユスポフスキー - 雄牛の心臓のような、甘くて肉厚な品種。
    私はいつもジュビリー・タラセンコも植えています。非常に生産性が高く、ひねったり乾燥させたりするのに適したトマトです。
    はい、今ではトマトの種類が豊富にあり、どれも美しくておいしいです。でも、大好きな味は失いたくない。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません