3

3レビュー

  1. リュボフ・ティマコワ博士名、モスクワヴァク

    Чтобы свекла как можно раньше поступала на наш стол, я выращиваю ее через рассаду – в теплице или на утепленных грядах под пленкой. На постоянное место рассаду (2-3 настоящих листа) переношу с комом земли закапывая на ту же глубину, какая была в рассаднике. Правда, при таком способе некоторые корнеплоды образуют нежелательную «бородатость». Это происходит потому, что при пикировке у сеянцев обрывается большая часть Л корешков, поэтому стараюсь, чтобы на них оставалось не менее 2/3 корня.

    返信
  2. オルガ・トルマチェンコ

    ビーツは通常、中程度の大きさで評価されます。おそらく調理が早くなり、味が甘くなります。でも大きいのは気にしない。私は下準備に手間をかけません。根菜類は洗って皮をむかずに200等分に切り、植物油をまぶしてホイルに包みます。オーブンに入れて20度で柔らかくなるまで焼きます。通常は XNUMX 分もあれば十分です。このような調理の後、ビートは完全にきれいになり、味は非常に良くなります。こんな感じで野菜を育てています。 XNUMX月の初めに、ビーツが育つエリアにマスタードをまきます。茎がXNUMXcmに達したら、土にすき込み、その上に腐った肥料を厚く敷きます。春になると熊手で土をほぐします。 XNUMX月の初めに、フィトスポリンまたはトリコデルミンの熱溶液を土壌に注ぎます。
    フィルムで覆い、4日間放置します。次に、乾燥した種子を少し離れたところに 10 つずつ播種し、スパンボンドで覆います。 15月末にカバーを外し、花壇の草取りをし、苗を間引きます。苗の間は10〜1 cm残し、夏に根菜類が形成され始めると、小さじ1杯をXNUMXリットルの水で希釈します。硫酸カリウム、各植物の下にXNUMXリットルの溶液を注ぎます。 XNUMX週間後、この手順を繰り返します。干ばつの間は、XNUMX日ごとにビート床に水をやります。収穫に文句はないよ!

    返信
  3. サマーマン、庭師、庭師(匿名)

    最も寒くて湿気の多い日には、庭のベッドをルトラシルで覆わなければなりませんでしたが、疫病がトマトを攻撃するのではないかと心配していました。しかし、すべてがうまくいきました。おそらくこれは偶然かもしれませんが、マリーゴールドもキンレンカも、灰によるキャベツの受粉もそれほど素晴らしい結果をもたらしなかったため、来年も実験を繰り返してみます。しかし、トマトは野外で赤くなる時間がありませんでしたが、自宅のベランダに完全に届きました。今年も玉ねぎが大成功でした。いつも家の近くの園芸店や大型スーパーで苗を買っていましたが、とても元気に育ちました。

    昨シーズン、私はすでに植えないと思っていました。苗木650キロあたりの価格はXNUMXルーブルに跳ね上がりました。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません