1コメント

  1. サマーマン、庭師、庭師(匿名)

    溝床と同じ原理を使用して、ズッキーニやカボチャの植え付け場所を準備できます。

    秋には穴を掘り、生ゴミを埋め、刈り取った草や落ち葉などで覆います。春になったらその上に園芸用の土を入れて苗を植えます。
    いくつかのピットを互いに近づけて配置すると、有機物が豊富なポケットが作成されます。将来的には、これは植物に栄養を与えるだけでなく、有益なマイクロバイオーム(微生物群集)やミミズが越冬するのに好ましい環境も作り出すことになるでしょう。
    Y. シチェルバコバ、農学者

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません