1

1コメント

  1. イワン・ボブロフ、エンゲルス、サラトフ地方。

    私は梅が大好きです。世話にはそれほど注意を必要とせず、収穫は常に素晴らしいことがわかります。
    実がつき始めたら、必ず石灰を木に与えるようにしています。それは種子の形成に必要であり、その後甘くてジューシーな果物の熟成に必要です。ちなみに、石灰は害虫駆除にも効果があります。虫の活動が特に活発になる8月上旬に、専用の粘着テープや両面テープを使ってハンティングベルトを作ります。私はそれをトランクに巻き付けます。毛虫やハバチがトラップにくっつくので、テープを剥がして新しいものを取り付けるだけです。

    また、曇りの日には木の下にゴミをまき、コドリングガの被害を受けた果実を木の上で払い落とします。時々私は木の周りに灰をまきます。アブラムシはそれを容認できません。そして晩秋には、熊手で根の近くの土を注意深くほぐします。これは、ほとんどの害虫が冬を過ごす場所であり、そのような「揺れ」の後、彼らは死にます。根系に触れないように熊手で慎重に作業する必要があります。そうしないと、植物が枯れてしまいます。
    春には、クラウンが厚くならないように、剪定ばさみで軽く形を整えます。上部を取り除き、乾いた枝を切り、長すぎる(60 cmを超える)枝を短くします。
    とてもシンプルな手入れで、収穫の喜びはどれほど大きいことでしょう。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません