3レビュー

  1. ディナ・チェルネンコ、チェリャビンスク

    1月になると、バラの若い芽が急速に力を増し、つぼみが現れ、月の後半に最初の花が咲きます。開花の準備には植物に多くの労力が必要なので、この期間中は常にバラに水をやり、肥料の注入(10:1)または鶏の糞(20:1)を与えます。発酵ハーブの注入(8:XNUMX)も効果的です。水やり、雨、施肥の後は、必ずバラの茂みの周りの土をほぐします。

    返信
  2. アリーナ・コルナコワ、セルプホフ

    バラに必要な「最低限」の餌は何ですか?

    返信
    • OOO "悲しい"

      — 植えてから最初の1年は、バラの茂みに餌を与えません。ただし、植物の成長が悪い場合は、モウズイカの注入(15:30)またはイラクサで数回水をやります。 10年目の春から、剪定後、バケツ半分の腐った肥料と10 g以下の硝酸アンモニウムを追加します。 15日後 - 硝酸アンモニウム(25〜15 g)、過リン酸塩(1 g)、カリウム塩(最大10 g)。ミネラル肥料に加えて、私は堆肥を数杯加えて土に混ぜ込みます。 5月から2月末までXNUMX週間ごとに液体有機物(XNUMX:XNUMXの比率でムレイン注入 - 植物あたりXNUMXリットル)を追加します。

      返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません