3レビュー

  1. セルゲイ・サモリオトニコフ。ヤロスラヴリ

    夏の間ずっと咲くようにするには、どのような球根植物を敷地に植えるべきですか?

    返信
    • OOO "悲しい"

      — アシダンテラを除いて、夏の間ずっと花を咲かせる球根植物はほとんどありません。ただし、6月につぼみが咲き始めるように、まず4月に栽培する必要があります。この植物の球根は4月中旬にプラスチック製のふるいに植えられ、5月末まで温室に保管され、その後他の多年草の間の花壇に移植されます。アシダンテラは、特別な肥料や病気や害虫の治療を必要としません。
      球根植物や球茎作物の中では、カンナ、ダリア、ユリ、グラジオラス、モンブレチア(クロコスミア)、イクシア、チグリディアおよびその品種が夏の一定の時期に花を咲かせます。夏の天然種のグラジオラスのうち、G. dalenii、G. italian、G. carneus、G.cardinalis、G. winged、G. papilio は G. dalenii の美しさに魅了されます。

      返信
  2. イロナ・ヴァスコビッチ、グロドノ地方。

    ヒヤシンスや早生水仙はすでに咲き、チューリップが咲き始めています。私はすべての植物に複雑なミネラル肥料を与えます(説明書に従って)。その過程で、花壇が乾いている場合は、周りの土をほぐしてから、最初に植栽に水をやり、その後に初めて肥料を与えます。

    病気の球根やグレード外の球根はすぐに掘り起こして破壊します。病気の標本が生えた場所に灰を振りかけます。
    古い植栽の場所に芽を出したクロッカス、スノードロップ、水仙、チオノドックスを掘り起こして植え直します。しかし、私はチューリップとヒヤシンスには触れません - 8月から9月にそれらに対処する方が良いです。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません