2

2レビュー

  1. イリーナ・グリエヴァ、教えてください。 株式会社FNC私。 みちゅりん

    5月の終わりからXNUMX月の初め(開花前)、土壌がまだ十分に温まっていないが、葉がすでに開花しているとき、木を少し「元気づける」ことができます。ニトロアンモフォスカXNUMX gをバケツの水(できれば雨水)で希釈し、植物に噴霧します。このような葉面摂食は、植物の発育に必要な物質の不足を迅速に補うのに役立ちます(栄養成分は葉を通してより速く作用します)。葉をあらゆる面から処理してみてください。そして、肥料が太陽の光の下で蒸発して火傷を引き起こさないように、これを夕方に行うことをお勧めします。

    返信
  2. エレナ・スタロヴォイトヴァ、ガーデニングクラブ「カルーガ」創設者

    私たちのクラブの例会で、初心者の園芸家が肥料中の窒素と鉱物肥料中の窒素の違いについて質問しました。肥料は、動物の胃の中にある草状の塊を処理して得られる有機生成物です。このすでに部分的に処理された有機物は、植物によってより容易に吸収されます。しかし、肥料が肥料として常に最良の選択肢であるとは限りません。肥料には雑草の種子や真菌性疾患の病原体などが含まれている可能性があります。
    ミネラル肥料では、窒素はアンモニウムと硝酸塩の 20 つの形態で存在します。植物の根がこの特定の形態の窒素を吸収するため、特に春には硝酸塩形態を使用することをお勧めします。アンモニウム型は+25...+XNUMX度の温度で土壌微生物によってのみ硝酸塩に変換されるため、夏(XNUMX月中旬まで)にのみ使用できます。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません