1

1コメント

  1. Victoria STRELTSOVA、ブリャンスク

    4月後半、土がよく乾いてシャベルにくっつかなくなるとすぐに、大根、パセリ、パースニップ、ディル、レタス、ほうれん草のための苗床の準備を始めます。
    以前は、掘るために肥料を適用していましたが、時間が経つにつれて、初期の作物は土壌の上部5〜7 cmで成長し、必要な栄養を受け取らない場合があり、シャベル銃剣の深さになってしまうことに気付きました。

    だからこそ今はこうやってやっているんです。まず土を掘り、雑草の根を取り除き、ベッドを作ります。その上に、1平方メートルの割合で、堆肥の入ったバケツ、灰の入ったリットルの瓶、一握りのチョーク、および複雑なミネラル肥料のマッチ箱を均等に分配します。その後、熊手ですべてを地面に埋め込みます。早生野菜の種はできるだけまばらに播種し、列間は20cm以上、株間は15cm以上空けるようにしていますが、特にレタスは早生品種を選びます。そしてすでにXNUMX月に、私は野菜と大根の最初の収穫のために庭に来ます。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません