1コメント

  1. サマーマン、庭師、庭師(匿名)

    花壇に行く時間です
    5月末に、暑さを好むマンジュギク、サルビア、ペチュニア、アスター、バルサム、バーベナ、香りの良いタバコ、百日草、ロベリアの苗を露地に植えます。

    春に雨が降ったら
    長期間同じ場所で生育する多年草(牡丹、ギボウシ、アイリス、カンゾウ、ユリなど)は、寒くて雨の多い春に灰色の腐敗の影響を受けやすくなります。この場合、フンダゾール(水20リットルあたり10 g)またはオキシ塩化銅の溶液(水40リットルあたり10 g)を植物にスプレーします。必要に応じて、10~15日後に治療を繰り返してください。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません