3

3レビュー

  1. ナデジダ・フォイニツカヤ、クルスク

    ここ2年ほど、春にはイチゴがよく咲きますが、実がなりません。何が原因でしょうか?

    返信
    • OOO "悲しい"

      - 理由はたくさん考えられます。装飾的な品種(Bakhmutka、Dubnyak、Podveska、Zhmurka)があり、その植物はよく発達し、開花しますが、実を結ばないか、小さくて味のない果実を生産しません。暑さや雨も収穫に影響を与えます。花の受粉が不十分になります。植栽はどれくらい前に更新されましたか?理想的には、4 年ごとに若返らせる必要があります。

      返信
  2. オルガ・ヴラセンコ

    イチゴ:品種がなくなるのは残念だった

    初めてこの方法を使用しなければならなかったのは強制的でした:4年目に私のイチゴは潰されました。若いロゼットはほとんどありませんでした。古いベリー畑からそれらを採取しない方が良いことはわかっていました。そこで、古い茂みを別々のロゼットに分割することにしました。茂みから根を折るときは、古い根も折る必要があります。折れた角には、常にいくつかの若い根と、成長のために発芽した根があります。植え付けパターンとルールは若いロゼットの場合とまったく同じです。主なことは、心臓を覆わず、高くしすぎないことです。

    まず穴の輪郭を描きます。水で満たします。それが地面に吸収されたら、準備した角を土に直接植えます。その後、かさぶたができるのを防ぐためにマルチングをします。私は春のできるだけ早い時期にこれを行います。通常、植物の生存率は100%です。新しく植えられた角は、若いロゼットと同じように、またはさらに良いように動作します(本格的な果実が実ります)。
    秋までに、新しい角も生えます。つまり、茂みが成長して口ひげを生みます。この若返りにより、このベッドをさらに3〜4年間使用し、XNUMX〜XNUMX年間追加の植栽材料を受け取ることができます。今では、私はいつもこの方法を使って、好きな品種を手早く増やしています。

    返信

庭師のミニフォーラム

あなたのメールは表示されません